コンセプト

私達はこのイベントを通して、

 

・静岡で作品発表の場を設けること

・地域で創作者の繋がりを作ること

・文学の楽しさを共有すること


を目標としています。

 

 

静岡文学マルシェ実行委員

添嶋 譲

徒川 ニナ

柚木 康裕

 

 

 

書くのが好きなあなたへ。
過去にいくつかの文芸同人誌即売イベントに参加してきましたが、どれも静岡県外で行われたものでした。
東京や大阪、名古屋に仲間はたくさんいます。
静岡ではどうでしょうか。
物書き仲間、近くにいます?

読むのが好きなあなたへ。
素人の趣味と言ってしまえばそれまでですが、自分で文章を書く人がいます。
書店で買える本以外にも面白いものは意外とたくさんあります。
読んでみたくないですか?

そんなことから静岡で文芸イベントをやってみたいと思いました。
川と同じで最初は小さな流れですが、少しずつ大きなものになるでしょう。
気軽に参加できる活動場所をいっしょに作っていきませんか。

――――添嶋譲

 

 

これまでインターネットを通じて物書きをしてきました。
スノドカフェなどを通じて、静岡の本好きさんと出会ったりもしました。
どちらの場所で得た経験も、私にとってはかけがえのないものです。

「だったらそれらを合体させて、もっとたくさんの人と、もっと楽しいことができたらいいんじゃない?!」

ぼんやりと思っていたのは、そんなことでした。

好きなものを好きと言える場、楽しいことをより楽しむことができる場。
そういうものを、少しずつ少しずつ創りあげていけたらいいなと思っています。

勿論その為には、皆様のご協力が不可欠。
私達に、どうかそのお力を貸して頂けませんか?

共に良き創作ライフを送ることができれば幸いです。

――――徒川ニナ

 

 

世の中には2種類の人間がいる。
本を読む人と読まない人。
あるいは言葉を綴る人とそうでない人。
ブックワームでもプロの物書きでもないけれど、嗜む程度に前者ではある。

世の中には2種類の人種がいる。
創作系文学イベントを主催する人としない人。
あるいは創作系文学イベントに参加する人としない人。
これまで後者だったが、いよいよ6月には前者となる。

これまで文化芸術分野の企画を主催したり参加したりしてきたが、創作系文学イベントに関しては噂話に聞く程度。
今回知人に声をかけて頂きいきなり主催者の仲間に加えさせて頂くことになった。
静岡初の試みということ。
もともとカフェと文学は切っても切れない縁だろうから、より親密な関係になれることを楽しみにしている。

――――柚木康裕
(オルタナティヴスペース・スノドカフェ代表。スノドカフェ七間町オーナー)